接続負担金 ≠ 償却資産 ⇒ 申告不要で10万円お得に

denchu

事務作業に集中するはずが、なぜか日記を書き始めてます・・・笑 今日は雨なので絶好の引きこもり日和ですね!

さて、接続負担金について気付きがあったので、少し整理しておきます。

ひょっとすると、そんなの当たり前だよ!と言われるかもですが、所詮ただのサラリーマンの気付きなので、そこは優しく見守って頂けると幸いです。

接続負担金とは?

太陽光発電設備で発電した電力を電力会社へ売電するためには,発電設備を電力会社の電力網に接続するための「系統連系工事」が必要になります。
この系統連系工事費は発電業者が負担し,その送電設備,変電設備,配電設備,通信設備などの設備は電力会社に帰属することになっています。
この発電業者が負担する系統連系工事費を「連係工事費負担金」といいます。
引用元:https://zeikin-chie.net/1406.html

太陽光発電ムラ市場

接続負担金=繰延資産≠償却資産 つまり・・・

償却資産としての申告不要!もちろん、償却資産税の支払いも不要とのこと。分離発注などをしている猛者は、このあたり分けて考えている人も多いと思いますが、接続負担金を含むパッケージ買いサラリーマン投資家はここ、気付きにくいのではないでしょうか?

仮に、間違えて接続負担金100万円を償却資産として申告してしまうと、17年間で総額10万円の償却資産税を余分に支払うことになります。オソロシヤ・・・

参考)繰延資産は償却資産申告対象外
Screenshot_20191123-142950_Drive
・固定資産税(償却資産)申告の手引き

接続負担金=繰延資産⇒減価償却できる

償却資産として申告は不要でも、繰延資産は15年で減価償却できます。接続負担金が電力会社の資産になるって、なんか気持ち的には損した気分ですが、実は税制的にはすごくラッキーなんだと思います。※そもそも接続負担金が最近高すぎるよ!というのは勿論あるのですが・・・

結論:業者に接続負担金額をヒアリングしよう

パッケージを購入しているサラリーマン事業家の皆さん、接続負担金額を償却資産申告前に必ず確認しておきましょう!メール1本で10万お得!笑
私も2、3基目は未確認なので、週明けに聞いてみようと思います。

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す