久々に、業者を斬ってみる

(カテゴリ: 未設定)

先日、架台選定で、
ちょっと特殊で、面白い事例を見つけたので、
まずは検討の遡上に乗るか知りたくて、
「概要と概算金額を知りたい」
と、業者に問合せを入れた時の話。

業者からは
「現場により、かなりばらつきがあるので、
 打合せした上でないと、なにも出せない」
という主旨の返答。

それを受けて、私からは

1、ミーティングスペース
2、選定架台の使用予定場所
3、他社架台で、既に運営済みの発電所

打合せ候補の場所として、上の3つを提示してみました。

業者の指定は、
3、他社架台で、既に運営済みの発電所

「現場により、かなりばらつきがあるので」あれば、
2、選定架台の使用予定場所
のほうが良いのでは?

と返すと、驚愕の返信が。

〇問合せの架台は、現状提供していない
〇問合せ架台で使っている特殊パーツも扱っていない
〇汎用パーツなら対応可能なので、
 汎用パーツや、フェンス等他の部分を検討してくれないか
〇自然エネルギーという事で、他の分野での活路となる
 ヒアリングをさせて欲しい

とのこと。。

「現場により、かなりバラつきがあるので、
 打合せした上でないと、なにも出せない」だったよね??

 商材持ってないのに、現場により、かなりバラつきも何も、
 あったもんじゃないだろう。。

こちらが欲しいモノを持たないのに、

欲しいモノの提案のための環境を用意しろと言いながら、
自分の提案をしやすい場所を指定し、

顧客ニーズまで訊かせて欲しい、、

直情的な表現をするなら、この業者
「潰れてしまえ」

理性的な表現をするなら、この業者
「無能、かつ、信頼できない」

という評価になります。

ちなみに、この業者、結構な日本の有名会社です。

メイド イン ジャパン の無条件の信頼が
危うい証左でもあります。
というのは言い過ぎか。。

有名であろうがなかろうが、
実力無く、信頼できない相手に未来は無いです。

今回の対応が、この担当者に限ったことでしたら、
この業者、まだ救いがあると思いますが、

私が興味を持った架台を現状提供していないのも、
今回の商談のように、

あこぎな対応を顧客に対して行い、
受注が取れなかったから

ではないかな。。

業者であろうが、施主であろうが、
信頼できない動きを取るヒトに未来は無い
というのが私の考えです。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

3 Comments

yuki2822

ごましおさん、kozoさん
コメありがとうございます。
ヒトに対する評価軸って
いろいろな考え方があるんですね。
私の感覚では
シカト
:「あんたの要望なんか知らん」
今回のレス
:「あんたの要望なんかどうでも良い。
 俺の要望を聞け」
という捉え方でした。
この捉え方の場合、
後者の方が、時間と手間ドロボウという
判断でした。
「潰れてしまえ」
よりトーンを落として
「こっちに来るな、あっち行け、シッシ」
としておきます(汗笑)

kozo

ごましおさんのコメントに1票。
この業界、都合が悪いでシカトされます。
びっくりします。
このようなことが、太陽光発電業界のマイナスイメージにつながっていると思えてなりません。
この業者が回答しているだけマシ。と思ってしまう自分自身も相当レベルが低い・・・。

ごましお

この業界自分の都合の悪い内容はシカトが当たり前な感じが散見されますので、ダメなりに回答するだけマシと思うのは気のせいでしょうか?(笑)。

コメントを残す