現場感が無い事で、200倍に薄めることすら、ままならなかった件

(カテゴリ: 未設定)

先日の農業ミッション
消毒薬を希釈して散布
で、食らった話。

200倍希釈して使用する消毒薬を散布する噴霧器として、
4リットルと10リットルのは用意していたのですが、

消毒薬の販売店には、100gの袋入り、しかありませんでした。

10リットルに200倍希釈した消毒薬を入れるには、
消毒薬を50g取り出す必要があるわけですが、
手元には秤も、軽量スプーンもありませんでした。

⇒終わった。。作業は持ち越しと相成りました。

現場感があって、キチンとやることを
実作業レベルで想定出来るヒトなら、

消毒薬の販売単位が、必要単位よりも大きいことに事前に気づけ、
秤、秤に消毒薬を乗せる皿、更に乗せるスプーンを用意したり、

その後工程で必要になる、
消毒薬と水を混ぜる手段を考えたり
水を噴霧器に入れる道具を用意したり、etc

といった様々な準備を、体系立てて、漏れなく
やれたと思います。

農業素人で、やることを実作業レベルで落とし込めなかった私は
水で薄めるという、小学生でも出来そうな、
しょぼいことが出来ませんでした。残念。

今回は農作業でしたが、発電所のメンテも同じ感じですね。
発電所は過疎地にあることが多く、
ホームセンターや家電量販店まで1時間超という立地も
多いですよね。

LANケーブル1本の忘れ物が、
草刈り機の燃料切れが、
平気で往復2時間オーバー、
どうかすると半日のロスに繋がります。

普段から現場感を養い、キチンと事前準備しましょう。
自戒も込めて。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す