スペースが無かったり、高低差がある場合のフェンスの工夫

(カテゴリ: 未設定)

平らな土地で、パネルと敷地境界の距離が十分な土地は、
フェンス施工であまり悩まないと思いますが、

以下のような

〇高低差がある
〇敷地境界とパネルの間にスペースがあまりなく、
 かつ、パネルの地上高さもあまりない

場合、対応に悩みます。

フェンス付ける前

この土地の場合、

〇フェンスではなくワイヤーで処理することで高低差の斜めに対応
〇フェンスがパネルの影になることを回避するため、
 フェンスの高さをあまり取れない代わりに、有刺鉄線で
 侵入に対するプレッシャーとする

という対応を取ってみました。

フェンスの使い分け1

本来であれば、設計段階でフェンスの設置を加味したパネル配置に
すべきなのですが、
当時はフェンスの設置は義務ではありませんでした。

フェンスの後付け義務化対応です

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す