【FIT前夜の昔話】野立て太陽光発電黎明期の頃のお話

(カテゴリ: 未設定)

今日、久々初対面の方が多そうな会合に出ることになったので、
ネタになりそうな、野立て太陽光発電黎明期のメモを
簡単に書いてみました。

〇屋根の発電所を見て、広いし屋根のように高所でないから、
 野原でやるのも有かな、と思い、屋根太陽光で有名な会社に打診
  ⇒基礎とか高価で無理と断られる

〇メガソーラーを見て、そんなに高価な基礎とは思えず、
 やはり地面でもやれると判断し、グーグル先生にヒアリング
  ⇒やっているヒトを見つける

〇やっているヒトにメールでアプローチ、会うことに。
  ⇒そのヒトの友達の施工店を紹介してもらえる

〇やっているヒトの話の中で出てきた、パワコン製作所にも
 興味があり、話を訊こうと電話連絡
  ⇒商流のからみで直接の話は出来ないと断られる

〇やっているヒトに紹介頂いた施工店から話を訊こうと電話連絡
  ⇒パワコン製作所に直接連絡するような、商流を乱すヒトとは
   組めないと断られる
   (商流飛ばすつもりは無く、パワコン製作の話から
    故障が起きやすい場所とか故障対応方法など、
    訊きたかっただけでしたが、そう思われたようです。。)

〇再度グーグル先生に、地面でやっている事例をヒアリング
  ⇒やっているヒトを見つける
    ※後でわかったことですが、
     この方と先のやっている方は知人であることが判明。
     世間狭いです。ヒト付き合いで不義理は止めましょう。

〇やっているヒトにメールでアプローチ、返事は来るが会おうと
 するが、はぐらかされ、なかなか会えず、1年が経過するころ
 発電所稼働式に呼ばれる。
  ⇒LOOOP社の第一号発電所の発電所稼働式。
   当時のLOOOP社は社長1名社員2名
  (今はすっかり大企業ですが)。

   呼んでくれたヒトは、LOOOP社と技術コンサル契約を結んで、
   LOOOP社社員に施工を指導していたことが判明。

   コンサル料を払える度量が私に無かったので、
   丁稚で工事に入ることを提案、

   自分の発電所を自分で作る。それを手伝うという形態ならOK
   の回答をもらい、
   土地を紹介してもらい、架台の墨出し、単管のハンマー打ち
   (当時は全て腕力便り)から実施。
   施主でありながら、使いっぱという不思議なポジショニングでした。

   今は、心強いパートナー会社様です。

【余談】
 この記事を書いていて思い出しましたが、
 LOOOP社の第一号発電所の発電所稼働式には、
 某県の県知事が来ていて、
  「地元の産業振興で、発電所をやってくれる業者を探している」
 とのことでした。ここで

 「私やります。土地紹介してください。銀行紹介してください」
  って言えなかったところ。

  LOOOP社社長から某案件について、一緒にやらない?
  って誘われたときに、即答できなかったところ。

 に、大きなチャンスを掴めなかった、
 自身のビジネスセンスの無さを痛感します。。
   
その後しばらくして、関係者飲み会に行きましたが、

太陽光発電業界誌の記事の執筆者の産総研の役人さんが
数人混じっていたり、
「30kwの発電所運用中!」というキャッチを名刺に入れていて、
それが、スゴイな~って言われていた時代の話です。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す