監視システムは冗長だと超絶安心です

(カテゴリ: 未設定)

監視システムがダウンしたが、安心だったというお話。

一般的に、発電量が上がってこない場合は、
〇主幹ブレーカー落ち
〇監視系落ち
の、いずれか(数学的には両方落ちもありますが)なわけですが、
切迫度は全く違います。

前者は売上に直結するので、至急対応となりますが、
(保険で政治的にごにょごにょは、正統対応ではないので、
 この記事では除外)
後者は、売上がわからないだけで、売上影響は無いので。

今回、
〇パワコンメーカーの監視システム
〇Bルート(東電の監視システム)
の両方入っている発電所で、Bルートが通信途絶になりました。。
左がBルート、右がパワコンメーカーの監視システムです。

監視システムデータ2種類

でも、パワコンメーカーの監視システムでは、
キチンと発電しているので、安心。

交換可能性の高いパーツを取り寄せて、
週2回程度は近くに行くので、
そのついでに対応して来ようかな、、
と思っていたら、今日自然復旧してました。

これはこれで問題ですね。。
なので、状況見てこようと思いますが。

話を元に戻すと、
営利事業なので、過剰品質がNGなのは、いうまでもありません。

ですが、ちょっとした工夫や、
低コストや低負荷作業で、作れる冗長系は、
作るほうが良いと思います。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場メルマガ登録

太陽光発電ムラ市場セカンダリ無料査定



太陽光発電ムラ市場

コメントを残す