【non-FIT】開所時の通信設定はかなりタイト

(カテゴリ: 未設定)

non-FIT発電所、開所の準備を進めていますが、

関係者の話をまとめてみると、どうも開通時の通信設定は
かなりタイトになるっぽいです。

1、スマートメーター設置時にAルート
  (商流としての電気量報告ルート)設定

2、Bルート(需給調整用(30分値や1分値)の電気量把握ルート)
  で使うIDとパスワードを発行

3、「2」の値を外部で取得できるよう通信設定

「1」は大抵、引込み作業とセットで、
 開通の1営業日前だったりするので、
 どうかすると、通信設定で使える、開通前の時間数は半日位でしょうか。

 そもそも、発電しないと値の計測検証、出来ないのでは、、

 発電するには、パワコンのパラメーターも
 いくつか変更が必要でしょうし、
 (少なくとも「商用発電」への切り替え)
  遠隔監視装置の設定も必要。

 Bルートでの計測値と、パワコン遠隔監視装置との
 整合性チェックも必要。

 なかなか、通信系の作業は忙しい感じですね。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す