ブローカーの問題ある地上げ、元請け業者の責任回避の物語

(カテゴリ: 未設定)

ソーラーシェアリングの農業部分の対応で、関西入りしていますが、

せっかくなので、ついでに、知合いの業者さんと情報交換してきました。

その流れで、権利付き土地的なもの
(権利付き土地として売るか、建売にするか業者さんが迷っている案件)
を見学してきました。

土地自体は、日当たり、引き込み条件とも最高でしたが、
その土地が出てきた経緯を訊いてみると、いろいろ考えさせられて
しまいました。

○遺産相続で、入り婿が義母を騙して、
 所有土地の多くを、土地名義を入り婿に名義変更

○ブローカーは名義変更が不自然と知りつつ、入り婿から地上げ

○ブローカーは建売工事を元請けに発注

○元請けは建売工事を下請けに発注

○下請け工事時に、義母が妨害

○義母の妨害に対して、下請が元請に対して相談
 ⇒元請は義母への説明はおろか、義母への、元請けの存在の通知
  も拒否しつつ、工事強行の指示
  (「うちの存在は言うな、お前が何とかしろ。工期は外すな」の意)

○下請は義母に詳細に説明、いろいろネゴしながら進める
 (下請は、義母からの信頼を獲得)

○義母はお金に困り、騙されず手元に残った土地の現金化を下請に相談

○下請が調査したところ、その土地の一部にFIT権利が付いているものがあることが発覚

○下請が信頼できる販売先を探し中

雑感:
 ○ブローカーの行為は、法的責任は問われない気がします
  確信犯で、たちが悪いですが、
  施主からはブローカーは見えず、ブローカーは逃げ得ですね。。

  近隣と揉めた場合(近隣は皆、義母の味方)、
  その矛先は最終所有者の施主に向くことが多いです。 

  ⇒分譲の場合も、買う前に近隣と話をし、円滑な運営に問題無いか、
   購入前に事前に把握することが大事だと思いました。

 ○元請工程以前の問題で、下請に解決を押し付ける元請のスタンスは、
  私には考えられないです。
  FITの縮小と共に、この手の元請には退場して欲しいですね。

 余談ですが、この元請の発電所見てきましたが、
 20°、横置き12段の、高足単管一面架台でした、、
 (メンテの事を全く考えていない)

 架台の作り方にも大きな問題が散見され、
 経産省の査察が入った場合、私が受けた指摘事項の数倍指摘が
 ありそうでした。。

 設計は元請担当だったようですが、さもありなんな設計ですね。
 もちろん、責任回避体質満載ですから、経産省から査察が入った場合、
 知らんぷりでしょうね。。

  ⇒業者さん選びはとても大切です。
   施主を選べるような、信頼でき、技術力もある
   業者さんにお願いできると良いですね。

雑感ですが、参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

5 Comments

yuki2822

sun33さん
おはようございます。
コメありがとうございます。
多分ですが、直接の改善の指示相手は「持ち主」になるかと。
⇒今回の立入検査の文面は、事業主に立ち入りを要請していました
 (電話では「施工店さんも」というお話でしたが)
 あと、その検査後、書面を交わすのですが、その署名欄も当方側は
 「所有者又は占有者」のみで、工事店や設計者の欄は無かったので。
コメ頂いて初めて気づきましたが、優良な施工店はこの対応、
商売に出来るかもしれませんね。
事業主だけでなく、
事業主から対応を依頼されて、道義的に対応しようとしている施工店からも
ニーズありそうです。
非常にまっとうな商売になると思います。

yuki2822

まなSUN
コメありがとうございます。
分譲買ったこと無いので、購入前の流れがよくわかっていないのですが、
早めに近隣に菓子折り持って挨拶に回ってみるのが良いかと。

仮に問題無いとしても、近隣と仲良くしておくことは非常に重要ですし、
上手くするといろいろ動いてくれますよ。
関係性次第ですが、雷などでブレーカー落ちたかも、、って思った時、
電話して見に行ってもらえたりするかも。

sun33

ブローカー転売、転売と持ち主が変わった場合に
何か国からのご指摘があった場合の責任は
設計した人ではなく、現在の「持ち主」になるのでしょうか。現在の持ち主が、私が、設計したわけではないと言っても、何の言い訳にもならず、今の持ち主の責任になると思います。
国の指示を無視し続けるとFIT取り消しとなって電力が引き込みを切断して終了となります。国内取り消し1号の案件です。

まなSUN

背筋がゾクゾクしました。
爆弾
掴まされていない事を祈ります。
ヽ(;▽;)ノ

コメントを残す