蓄電池のコストダウンが早いか、河野さんの政権掌握が早いか

(カテゴリ: 未設定)

政界が一気に動き始めましたね。

経済系の方で、政治は関係ないっていうヒトも居ますが、
個人的は間違いだと思っています。

政治:ルール作り
経済:ルール上のお金儲けゲーム

単純に言うと、こういう図式なので。

もちろん、経済には理念や自己実現という要素もあり、
実際私は、そっちにかなり重きを置いた動きをしますが、
儲けが無ければ、理念や自己実現は、大きくは進めて行けません。

再エネ関係で言うと、
再エネ推進の一番の泣き所、リスクは、
「安定供給」
になるかと思います。

私は再エネ推進派ですが、それでも

「安定供給」を見ないようにしてとにかく進め

は副作用が大きすぎと思っています。

ただ、ここにきて、蓄電池の価格低下が一気に進む気配が見られます。

再エネ+蓄電池で、「安定供給」を確保しつつ再エネの大幅増

やれるかもしれません。

もし、今回、もしくは次回に、河野さんが首相になれれば
(まだ全くわかりませんが)
イーロン・マスクさんと、是非とも会談して欲しいと思います。

理念レベルで意外と共鳴して、
かなり安価に蓄電池入れられる話になり得る
というのは私の脳内妄想かもしれませんが。

河野さんの、再エネ絡みでパワハラ扱いされた発言も、
蓄電池の価格低下が進めば、絵空事では無くなると思っています。

カギは、蓄電池のコストダウン、河野さんの政権掌握
どっちが早いかですね。

マクロな話は上の通りですが、
1事業者としてのミクロな話としては、

〇FIT発電所に蓄電池後付けしても価格低下無し

〇蓄電池導入融資の利子優遇

〇(夕方や夜間だけに流せる位の)
 ある一定の規模と性能の蓄電池を付ければ、
 系統の空きが無くても、連系優遇するよう
 電力会社に通達

具体的には、こんな政策を検討して欲しいですね。

 仕入や設置を安価にする努力をせず、
 単純に原価を積み上げて、
 不足分を補助に頼ろうとする

上のような、政策におんぶにだっこ発電事業者の言うことは
シカトしてて良いですが、

安全性を遵守しながら、トップランナーで走る気概のある
発電事業者

を、上手く使える政策を発動して欲しいと思っています。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す