引抜強度測定試験のコツ

(カテゴリ: 未設定)

測定試験した後の器具をどうやって外すかにコツがあります

太陽光発電架台の強度の、一番と言っても良い位の重要要素
である引抜強度(煽り風に対する設計に直結)

これの測定試験の、ちょっとした、だけど
現場的には超重要なコツ

それは、

測定後の測定器をどうやって外すか

強化杭は1本で、数百キロ~1tオーバーの
引抜強度があります

なので、その強度で測定器が挟まっている状態になるため、
ちょっとやそっとでは外れません。。

では、どうするか。。

外せる下準備をしてから測定します。

具体的には、

蹴って外せる台の上で測定する

引抜強度測定試験留意点

測定だけの観点ですと、

広い安定した台を用意する

ことになるかと思います。

測定結果がブレないだけの安定性が
台に必要なのは言うまでもありませんが、

それだけを加味して作業すると、測定後、
測定器を外せずハマります。

これは、よほどの作業の具現化センスを持っているヒトで無いと、
机上のシミュレーションでは、気づけないことだと思います。

〇現場に出て、まずはやってみる。
〇その上で、ある程度理解した上で、任せるものは人に任せる

そんな進め方が良いのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す