【退職初日】最早の保険切り替えを目指してみた

(カテゴリ: 未設定)

前提:勤務先の厚生年金から、自社の厚生年金への新設、移管
 ※すっぱり行く為、任意継続は使わない

社会保険労務士に委託も考えましたが、
扶養家族の手元に保険証が無い期間を少しでも短くするには
自分で窓口へ足を運ぶのが最早と考え、
自分でやってきました。
 ※不備を指摘されても、すぐ訂正し、
  退職翌日に申請を全て済ませる強い意志

あと、「どんなこともヒト任せにはしない」主義もあります。
(けちんぼーなだけかもしれませんが 汗)

ポイントは以下3つでしょうか。

ポイント1、必要な手続
 〇健康保険・厚生年金保険新規適用届
   :法人が入る手続き
 〇健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
   :代表含む、働くヒトが入る手続き
 〇健康保険被扶養者(異動)届
   :扶養者が入る手続き

ポイント2、用意した添付書類など
     (スピード優先で、少々の無駄は覚悟し、多めに想定)
 〇履歴事項全部証明書
 〇法人番号指定通知書のコピー
 〇マイナンバー記載された戸籍謄本
 〇事業主世帯全員の住民票
 〇健康保険資格喪失証明書
 〇銀行印

ポイント3、足を運ぶ窓口はどこか
 〇自社の所在地の管轄年金事務所

  ※協会けんぽの窓口ではありません。
   協会けんぽの窓口の出張所になっている年金事務所
   とも限りません。
   あくまで、「自社の所在地の管轄年金事務所」です。

とりあえず、空白期間を作らず、退職翌日に手続きが終了し、

 〇5日程度で書類の?保険証
 〇2週間程度で保険証

を貰えることになりました。

自分でやって良かったなあって思えることとしては、

 「手続きと年金窓口担当者からの説明を通して、
  どうすれば保険、年金を節約できるかが
  なんとなくわかった」

ことでしょうか。

やはり、最初から諦めてヒト任せにせず、まずは自分でやってみること
はとても大切だと、改めて思いました。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

One Comment

sun33

>年金を節約できるかがなんとなくわかった
私は、4月から年金支給の歳になりました。
私は、20歳から年金は、せっせと多めに払いました。「アリとキリギリス」でしたか。
酒もタバコも賭け事もせずに。。。。
5階建ての夫婦×2です。
年金は、貰う時になって初めてわかりますが、払った分しかもらえませんし、払った分はもらえます。
このご時世、金利なんて付ません。
年金も節約できますが、それなりの配当しかありません。あたりまえの話しです。ネ

コメントを残す