電気の単価は、低価格FIT売電やnon-FIT売電<使用電気買電なので

(カテゴリ: 未設定)

FIT売電事業ばかりやっていると、
意識から外れることも、ままあると思っていますが、

民間の経営目線「金儲け」で考えれば、
「売電」より、「利益」が上位概念です。

当たり前なはずなのですが、
手段が目的化して、忘れがちなんですよね。

ですので、売電ありきでは無く、
上位概念である利益から考えると、
以下の要素での検討が必要だと考えています。

1、買電量を減らす事
   ・余剰配線での発電
   ・節電
   etc

2、買電単価を減らす事
   ・電気的負荷の電灯、動力への適切な振り分け
   ・小売会社選定
   ・料金プランの見直し
   etc

3、それ以外の考慮点
   ・ここは秘密(笑)

「1」、「2」は
 普通の電気コンサルのサービス+発電事業ですね。

そういう意味では、

〇発電要素を絡めた電気コンサルは、
 FIT案件が無くなってくる、
 EPC業者や電気工事店にとっては、
 これまでの、知見や経験が生かせるので、
 目指す選択肢の1つとしては有だと思ってます。

 蓄電池も絡めた家庭用パッケージがあるじゃん
 って思うかもしれませんが、
 家庭用は額が小さく、
 あまり手がかけられないからだと思いますが、

 パッケージを売ることが目的化しており、
 提案先の利益に、キチンと向き合った提案は
 見たことがありません。
 プチカスタマイズに留まってます。

 額が大きく、手間暇がかけられる先への提案は
 総合力が問われるため、
 本当の意味で力量ある会社さんですと、
 勝ち目がありますし、面白いと思います。 

〇自社向けにコンサルすれば、それ自体が
 自社の利益を上げます

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

yuki2822

kozoさん
コメありがとうございます。
恐らくですが、多分、大票田だと思っています。
野立て太陽光より、だいぶ難易度が高いですが、
大口需要家が相手ですと、
かなりな報酬が期待できるかと。

kozo

確かに、考え方によっては、なかなかのビジネスチャンスだと思います。どこの営業もワンパターンでありきたりな提案しかないですものね。市場規模がおおきいので、それでもある程度成り立つのかもしれませんが・・・。

コメントを残す