農家社会は現物経済?

(カテゴリ: 未設定)

1、丁稚営農先で、

〇農作業のついで?に
 農作業以外の、定常業務の改善活動に取り組んできました。

 工程でいうと、販路開拓、出荷あたり
 この部分は農業スキルに依存しない部分も大きいので。

〇農作業以外に、
 丁稚営農先の、次の事業のための活動を支援してきました。
 ビジネス俯瞰図、収支目論見など、
 金融機関を始めとする第三者への説明用資料を作ったり、
 候補地やソリューション選定など。

これらが、評価されたからだと思いますが、
かなり高価な報酬をもらってしまいました。

⇒乗用草刈機

乗用モア

2、ソーラーシェアリング+自家消費+NON-FITの
  お手伝いサービス提供先で、

  ※お手伝いサービス:
    さっくりですが、事業企画+EPC+施工支援
    電気コンサル機能も入りそうな気配濃厚ですが、、

  現地調査の際、ちょっと気づいたことがあり、
  ミッション外の業務改善の提案をしたところ、
  報酬をもらってしまいました。

⇒超レア物の激うまセロリ
  (セロリ特有の苦みが殆どなく、確かに美味)

両案件とも、私にとっての本当の報酬は、
案件に対する対価ではなく、

そのプロセスの先にある、ノウハウや経験だったり、
力量ある方々への貸しづくりや信頼獲得だったりするので、

案件そのものや、
気になって、案件ついでの事に対する、
報酬は、正直どうでも良いのですが、

モノをくれる時の、オーラーを見ていると
凄く評価されていることが伝わってきて
とても嬉しいですね。
(これが某有名ブロガーさんが記事ってた、
 承認欲求ってやつかもしれませんね)

にしても、報酬がモノ、というのが農家さんらしいなあって
思いました。

相手の方が儲かり、かつ、
社会貢献になったり、自分にとって面白い仕事を、
共同して進めつつ、

自身の事業に向けて、
自身にしっかり、知見と経験を貯めて行きたいと思っています。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

yuki2822

sun33さん
コメありがとうございます。
どんな商売にも、
やり易いこと、やりにくいこと、
リスク、リターン
計算出来ること、計算できないこと
ってありますよ。
それにどう対処するのか、どのように備えるのか
その辺りの総合力、適性、そして運で
成功する、成功しない
が決まると思ってます。

sun33

我が家の100年以上の農業経験から言うと
「農業は理論で解決出来るものではない」
それは、自然が相手だからです。
台風一発で全て”ゼロ”、異常気象で計算通りにはなりません。全ての収入が無くなっても持ちこたえる事。長いスパンで計画しないといけません。
農業は、忍耐の家業でした。

コメントを残す