パワコン交換熟練チームの段取り?千両な話

(カテゴリ: 未設定)

パワコン交換してきました。
理由は、もちろん、、またまた壊れたから(汗) です。

去年は2台/月な感じでしたが、今年は1台/月。

改善、、してるかどうかは兎も角、そんな熟練チームなので、
段取りは結構イケてる方だと思います。

そんな熟練チームの段取りは、こんな感じです。

   私       パートナーA
到着30分前に連絡  交換パワコンを積んだ軽トラを現地入口へ
           敷物をパワコン下に敷く
           工具をパワコン前に設置
           故障パワコン前面蓋を開ける
           故障パワコンの架台との固定ネジを外す
           絶縁テープをストリング数×2枚(+、-)
           および、交流配線数(三相なので4枚)
            細かく切って、パワコン前面に止めておく

到着、現地に移動   飲み物を用意
     飲み物を飲みながら、本体エラーなど状況のやり取り
     交換パワコンを、故障パワコン前に運ぶ
     故障パワコンの電源、子ブレーカーを落とす
     故障パワコンの配線を外し、先端を絶縁テープ保護
     配線を、故障パワコンの外に出す
     故障パワコンを外し、近くに置く

     交換パワコンを箱から取り出し、架台に固定
      固定ネジを締める
     交換パワコンの前面蓋を開ける
     配線を、交換パワコン内に入れる
     配線先端の絶縁テープを外し、交換パワコンにセット
     パワコンの電源スイッチを、交換パワコンにセット
     交換パワコンの電源、子ブレーカーを入れる

     故障パワコンを箱詰
     箱詰した故障パワコンを軽トラに乗せる

     交換パワコン起動後、整定値のセット

   私         パートナーA

遠隔監視装置の設定   敷物と工具の片づけ
            軽トラ移動
遠隔監視装置の動作検証 飲み物の用意

     近況もろもろの談笑

帰宅          故障パワコンの引取依頼連絡

今回のピット作業?は、
私の到着から、遠隔監視装置の設定まで、
安全第一で進めて、30分弱といったところでした。

結構段取りイケてるチームなのでは、と思っています。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

3 Comments

yuki2822

sun33さん
コメありがとうございます。
指さし呼称、大事なのはわかりますが、
実は私その手の作業苦手で、
「口では言っているけど、
脊髄反射で言っているだけで、
脳で咀嚼出来てない状況」
に陥ってしまいます。。
なので、代わりに?
「後ろで見てて、いつもと違うことやっていたり
違和感あったら声かけて」
ってパートナーさんに言って、作業しています。
「アース線で各端子に触れる」
流石のコメントありがとうございます!
イケてない作業本には
「電流が溜まっていないことを確認する」
という記載になっていることが多く、
アクションを特定出来ない、現場感無い
記載になっていることが多いので。
sun33さんに、ぜひ現場作業本執筆いただきたいです(笑)

sun33

やって欲しい事
はずした電源端子などの電圧確認です。
外したのですから、「電圧0V」のはずですが
故障の状況によってコンデンサーに電流が溜まっている場合があります。「電圧が0Vである事を確認します」各端子にアース線で1度触れて放電させます。電圧は、0Vである「ハズ」それは、思い込みです。私は1度、電源OFF後、残留電圧800Vで感電しました。DC入力端子には、電解コンデンサーが入っいるハズです。

sun33

特に複数人作業(2人)の場合の工事では、指さし呼称をします。相手に聞こえる様に「ブレーカー電源OFF」ヨシ。事故を防ぐ基本です。
勿論1人作業の場合も「ブレーカー電源ON」ヨシ。と自分自身に聞こえる様に声を出して確認します。
「ご安全に」「今日も1日ゼロ災で行こう」ヨシ
私は、44年間安全作業を叫び続けています。

コメントを残す