発電所用地の賃貸契約延長が上手くいきそうで一安心で思ったこと

(カテゴリ: 未設定)

当社発電所に、

〇土地賃貸が、地主さんと直ではなく、開発会社を介した又借り
〇賃貸契約は10年。。。

という非常に危険なプラントがあります。

普通では考えられない契約ですよね。。
ただ、当時は、更新前提だから、という空気が流れていて
安心していました。

ところが最近、開発会社と地主さんの間が上手くいっておらず、
賃貸契約が10年で打ち切り気配濃厚になり、

不味いなあということで、地主さんと直接打ち合わせをし、

〇開発会社と地主さんの間の賃貸契約は10年で打ち切り
〇ただし、次の10年は、地主さんと当社で直契約

の方向性で合意に至りました。
(草刈り頻度など、細部はこれから詰めますが)

20年を待たず、移設&FIT⇒とりあえずnon-FITに退避
シナリオも描いていましたが、
発動させずに済みそうでホッとしました。

それにしても、あと10年もすれば、
20年土地賃貸物件お引越しニーズって出てくるのでしょうか。
それとも、20年も経った老朽施設は、
移設の手間と費用をかけるのに値せず廃棄なのか。

そのあたりは、今のリパワリングの、交換された部材の流れと合流し、
本格化するのかも。
10年後あたりから、案外大きな市場になるんでしょうか。

この業界?に、実は売電からではなく、中古パネルの
リサイクル、リユース+水素屋さん+酸素屋さんからの参入を
検討したことを思い出しました。

すぐ、売電から入ることに変えましたが。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す