土地の高低差の測量方法

(カテゴリ: 未設定)

発信機から水平に発信された信号を、
受信機で受信できるようにして、
その時の発信機高さと受信機高さの差分を求める

田んぼは、水を張るため、基本水平ですが、
畑や山林は、傾斜があります。

架台設計には、高低差と地盤強度の把握が必須のため、
先日調査に行ってきましたが、

高低差の測量現場に立ち会いましたので、
原理を簡単にまとめてみました。

高低差の測量方法

1、水平に信号を発信するよう、水準器を見ながら
 発信機を乗せた三脚の足の出し入れを調整する

2、発信機の高さを測定する

3、受信機を伸縮可能で、
 水準器と伸縮した長さがわかる棒に付け、
 棒の高さを上下しながら、発信機からの信号を
 受信する高さを見つける
 (信号を受信すると、音が鳴る機能が受信機には
  付いている)

4、「2」と「3」の差分が求める高低差

上の測定を、敷地の広さと傾斜の状況に応じた数と場所で
実施する

上の原理から、雨の時はもちろん、
高低差が大きい現場は、強風の日の測定は
避けたほうが良いことがわかります。
「3」の棒が、風でブレるので。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

yuki2822

sun33さん
コメありがとうございます
前提として順法というのがあります。
その上で、経済性を含めた総合評価で
その現場で、どちらが優れているか
で決まると考えています。
水の流れを見るのは、順法という観点で必須ですね。

sun33

トランシットでの測量かなと思います。
我が家の施設は、土地に架台を合わせるのではなく
土地を水平に土木工事をしています。
後で、土質によって水平が保てなくなると架台が曲がってしまいます。1mm単位で高低差を計りましたが、みごとに不合格でした。公共工事ではないので「ま。良いか」となりました。水の流れを計算しておかないと後で水たまりができます。

コメントを残す