農地転用対象箇所の特定

(カテゴリ: 未設定)

下図は、地主さん、農業委員会と相談し、決めた
発電所で使う敷地の農転対象箇所です

農地転用地

〇地主さんマター
・転用面積を減らし固定資産税の増加を防ぐ

〇農業マター
・隣地の農地とは、多めに距離を取り、隣地の耕作上の支障、
 日照上の支障を無くす
 (この現場では、隣地境界から転用境界まで3m、
  転用境界からパネルまで1m確保しました)

〇法的マター
・設置場所(転用場所)まで農地以外を通って行けないと、
 設置工事で農地を使うという判断が適用されるため、
 農地以外の土地を通って設置場所に入れる地型に転用
 が必要
 (代替案として、図とは別で設置工事で使う部分の農地だけ、
  別で一時転用取る選択肢はあるが、メンテ等々で
  使うたびに一時転用が必要(厳密には))

参考になれば幸いです。
にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す