タイミングと縛りを考えない設備資金融資実行で、一気にキャッシュフローが半年で計500万円超悪化する話

(カテゴリ: 未設定)

〇キャッシュフロー悪化3重苦

1、融資は設備用途でロック
2、返済猶予無

 ⇒融資にかかる手数料は、全額持ち出し
 ⇒売上が入ってくるまでの返済は、全額持ち出し

3、融資実行、月末ブービー日。返済日、月末。

 ⇒融資実行翌日から返済開始

〇加えて、今月は法人税支払日、、

保証協会融資実行が29日に決まりました。
めでたしめでたし、のはずが、キャッシュフロー悪化3重苦に陥ることが
発覚しました。

1、融資は設備用途でロック
2、返済猶予無

 〇融資は設備費用ということで、融資にかかる
 ・保証料
 ・印紙代
 は設備で無いため、融資実行日に持参することになりました。

 ⇒⇒約50万円

 〇キュービクル到着遅延で連系開始が大幅に遅れます。
  融資実行から半年間、売上入金がありません。
  半年間の返済額は、キャッシュフローからの持ち出しになります。

 ⇒⇒約500万円

3、融資実行、月末ブービー日。返済日、月末。

 ⇒融資実行翌日までに100万円弱、
  手元資金を入金することになりました。
  いい感じ?で中間法人税をむしり取られるこの時期に(涙)

融資金、同時に使い切るわけでは無いので、
返済に回しながら上手くやりくりしようとしてましたが、
大甘でした。。

皆さんは、私のようなアバウトでは無いと思うので大丈夫でしょうけど、
〇融資の用途縛り
〇返済スケジュール
考えて対応してくださいね。

ここ半年のキャッシュフロー減額500万円超/半年
ちょっとキツイ授業料でしたね。

年明け早々、他で、また新案件動かそうとしてるのですが(汗)

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す