【non-FIT】1年間の実運用実績は表面利回り20%強でした、だけど。。

(カテゴリ: 未設定)

non-FIT発電所の1年間の実運用実績は表面利回りは20.5%でした。
ただし、FITには無いリスクが有るので、
良いかどうかの判断はヒトそれぞれだと思います。

このブログを長く見ている方はご存じかもですが、
当社には、稼働済non-FIT発電所があります。

売電開始してから、1年2カ月程度経過し、
売電による販売実績が1年分揃ったので、
表面利回りを計算してみました。

⇒20.5%

売電条件は公開しませんが、
プラント構築は、たまたま別現場と工期が重なり、
DIY要素無の分離発注で、
そこまでケチケチしなかったことを考えると
案外、高いのではないでしょうか。

DIY要素を入れてコスト削減を追求すれば、
さらに利回り向上出来たと思います。

一方、この発電所、FIT発電所隣接で、
連系費など、いくつかのコスト要素が低かったため、
(例、FIT発電所の負担で、すでに近くに電柱があった)
この数字になっただけで、

non-FIT発電所単体で開発すれば、この利回りは出なかったとも思います。

それでも、

〇お客様の開拓、折衝、
〇仕入の創意工夫

という、売電ではない多くの普通の商売では、
ごく当たり前のことを行えば、

FITという、需要に関係せず販売価格が決まるという
商売としては、あまりに不自然な制度にすがらなくても、
普通に商売出来る時代になっている可能性が高いですね。

表面利回り20%強ってことは、FIT発電所隣接で下がる要素が無く、
仮に、部材と工賃分の5割上乗せになっても
表面利回り14%弱ということなので。

と、ここまで煽って?おいてなんですが、FITに無いリスクはあります。

・お客様の倒産
・お客様から条件改定の打診
etc

必要な対策としては、

〇お客様の状況把握、マネジメント
〇市況把握、予測
〇代替手段の検討、準備

FITには無い事ですが、これも、多くの普通の商売では、
ごく当たり前のことですね。

もっとも、リスク限りなくゼロだったはず?の
FITも後出しじゃんけんオンパレードですが(汗)。

それを踏まえると、
FITもnon-FITも、色々な事を考えて、
今後の展開を決めていく必要はあると思います。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

2022年版!売却シミュレーション!太陽光発電所売却で利益を最大化する方法 太陽光発電ムラ市場



太陽光発電ムラ市場

コメントを残す