定期報告、その後

今年の1月に提出した国府発電所の運転費用報告が受理されました。

sc-unten-houkoku-juri

1月15日に提出したので、受理にかかった期間は、ひと月半くらいでしょうか。前回の報告の時は、ふた月半だったので、ひと月ほど早くなりました。

今回受理された報告は、2017年5月〜2018年4月分なので、ことし4月の報告から、周回遅れが解消されることになります。

この運転費用報告がどのような役に立っているのか、今ひとつ判然としませんが、事業者の義務として果たして行きたいですね。

廃棄費用の外部積立のお話も出ています。先々のことを考えれば、事業者として、ある程度負担は必要かな・・と個人的には考えますが、公正で、負担が少なくて済むような仕組みにして欲しいですね。

先日公開された再生可能エネルギー発電事業計画の認定情報の神奈川県の分を見てみましたが、ひとつの事業者が大量のIDを取得していたりして、こういったものは、許されてしまうのかな、と素朴に思ってしまいますが・・。

こういったIDがブローカーの手によって転売されたり、不適切な発電所の設置に繋がり、さらに太陽光のイメージが悪くなってしまうような気がします。IDの大量取得も転売の温床になるとして、規制して欲しいものです。

太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>