パワコンの電源系と監視系配線の対応のチェックモレ

(カテゴリ: 未設定)

淡路島の発電所のトラブル調査に行ってきました。

トラブル自体はパワコンの通信障害だったのですが、
その対応の際、気づいたことがありました。

配線は
電源系:主幹MCBを起点としたスター型・・・・・・・・・・黄色
監視系:通信SIMからデイジーチェーン(数珠つなぎ)・・・緑色
になっています

電源と通信ネットワーク

保守のことを考えると、監視系をスター型に出来るなら、
電源系、監視系ともスター型に
合わせたほうがわかりやすく、かつ、障害に強いのですが、
(デイジーチェーンは途中断線発生時に、その先全てのパワコンの状態が
 わからなくなる)

この時は、施工の容易さを取り、監視系はデイジーチェーン構成を
採用しました。

ここまでは想定通りだったのですが、

パワコン、および、パワコンの上流にある漏電遮断器に
ナンバリングが、監視系と対応が取れていませんでした。

スター型:構成上のナンバリング制約はありません
デイジーチェーン:数珠つなぎなので、上流から増えていくor減っていく
         ようにしたい

この発電所では、
恐らく何も考えずに、4台のパワコンに1、2、3、4を振ったのか、
監視系デイジーチェーンをSIMから遠いほうからナンバリングを見ていくと
1⇒2⇒4⇒3
になっていました。。

〇キチンと発電すること
〇キチンと発電力がモニタリングできること

は受入検査時に見ていたのですが、
ナンバリングの対応は見てなかった。。

次の発電所受入検査、あるいは、作業指示
(自分でやるかも、、ですが)
に反映したいところです。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す