完工後に出来る雪対策

(カテゴリ: 未設定)

「パネルまで地面下からある程度の高さを取る」

雑草対策にもなりますし、雪対策としてはこれが王道の打ち手です。

雪がたくさん降ると、パネル下に雪が落ちるわけですが、
落ちた雪は下の写真のように、だんだん下からパネルに迫ってきます。

IMG_0278-crop

切り株は無視してください(^^;

この雪がどんどん増えるとパネル下を雪が覆うことになり、

〇昼は溶けて水になり、パネルのフレームに入る
〇夜はパネル下のフレームに入った水が凍り、膨張し、パネルのフレームを破壊する

ため、発電量の確保以外の故障対策としても、雪対策は必須です。

しかしながら、既に出来ているものに対しては、
施工し直しになるため、なかなか出来ないと思います。

この場合に取れる現実的な打ち手として、
「パネルの軒下の土を掘り、雪が落ちるスペースを増やす」
という選択肢も、有かと思います。

全く別の観点として、
「まめに面倒を見て頂けるヒトを開拓する」
という打ち手もありますが、
これは、深いテーマですので、別の機会に少しずつ書いていきたいと思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す