JPEX高騰に対する新電力救済策「FIT発電所からの供給時の上限価格はFIT価格とする」について思うこと

(カテゴリ: 未設定)

「JEPXから卸電力を直接調達するパターン」
ではなく、

「送配電事業者を通じて、供給元が決まっているFIT]発電所の
電気を調達するパターン」
については、

小売事業者が送配電事業者に払う金額の上限をFIT価格にする

という案が出たようですね。

ヒトの考えは似たようなところに帰着するなあって改めて思いました。

(私の考えは
「FIT発電所の電気を新電力会社が買った場合については、
 ・買取は、送配電事業者ではなく、新電力会社が行い
 ・送配電事業者は託送料を受け取る
 商流にすべき」

 この場合、買取金額の考え方を変えなければ、
 結果として、買取金額の上限は、「原則」FIT価格になります

 「原則」が付く理由:新電力が、電源によっては、
 プレミアム価格を付ける可能性があるから)

もっとも、この新電力救済策に対して、結構批判があるようです。

批判を見ていると、以下2つに大別されるように思います。

〇買値が市場価格というルールなのは前からわかっていたこと。
 対処出来ていない新電力が悪い

〇高くなって泣きつくのだったら、安い時得した分返せ

まあ、言わんとしていることはわかります。

ただ、以前から記事ってますように、

そもそも、買い手が未定の商品を、
いったん倉庫に預かる形式の取引なら兎も角、

もう買い手が決まっている商品を配送するのに、

運び手が荷主から買って、届け先に売ることを強いるルールのほうに
違和感があり間違いというのが私の感覚です。

やはり、発電事業者と小売事業者が契約している発電所の電気については、
特定卸契約ではなく小売契約にし、

 ・小売事業者が電気の買取を行う
 ・送配電事業者は運び賃を受け取る

のが筋ではないでしょうか。

<重要>
上記新電元への批判の中で、
見過ごされがちな注意点があります。

それは、

「送配電事業者が、市場価格が安い時は交付金で守られてるのに、
 市場価格が高騰したらぼろ儲けして、貯めこんでいること」

のは事実ということです。

「ぼろ儲けを、新電力ではなく、国民に返せ」
(⇒交付金と相殺しろ)
主張は、理にかなってて、正義感に基づくものだと思いますが、

「ぼろ儲けを新電力に渡すのは許さん」
だけの主張は、
突き詰めていくと、実はただの
新電元潰し、や 地域電力会社擁護です。

送配電事業者が
市場価格が安い時に交付金で守られ、
市場価格が高騰したらぼろ儲け
の仕組みの容認意見が、客観的主張とは思えません。

新電力に戻す戻さないはさておき、送配電事業者が貯めこむことを
スルーするのはどうなんですかね。。

あまり考えず読んでいると、うっかり騙されそうになりますが、
惑わされないことが大切です。

参考になれば幸いです

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す