FITもFIPも当てにせず、保険みたいに考える流れか

(カテゴリ: 未設定)

〇廃棄費用の強制積立
〇発電側基本料金
〇各種条例

後出しじゃんけんで、いろいろ出てきますね。

内容をざっと見ると、これらの多くは、
対象がFIT、FIP
ペナルティはFIT(恐らく将来的にはFIPも)の認定取り消しです。

低価格FITはあまり儲かる構造になっていないので、
後出しじゃんけん費用は、結構負担だと思いますが、
いかがでしょうか。

低価格のFITやFIPにすがって、後出しじゃんけん食らうより、
当てにしない事業形態で展開するほうが、
制約無い分、情勢により機動的に動けるので、
むしろリスク無いような気がしているのは私だけでしょうか。

JPEX市場の高騰、不安定さをみていると、
ビジネス展開力があれば、大チャンスとも思います。

まあ、どっちにでも転がれるよう、FITやFIPの認定だけは
とりあえず取っておくのも良いかもですが、
保険みたいなものって考えるほうが良いというのが
私の感覚です。

たとえて言うなら、法定最低賃金しかもらえない正規雇用
にしがみつくより、
力を付けて、フリーランスで稼ぐほうが得な時代になった
ということでしょうか。

ただし、どんなものも規制の中に入れておこうとする、
行政の力学による、別の後出しじゃんけんには注意が必要ですが、、

参考になれば幸いです

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

3 Comments

yuki2822

ごましおさん
コメありがとうございます
全体俯瞰すると、そんなに単純ではないです。
ごましおさんも記事られてましたが、プレイヤーは小売と送配電以外にも居ますので。
(広域機関とかバランシンググループとか話題のJEPXとか)
ただ、全部が全部発電事業者がする必要もなく、
その辺りの役割分担はケースバイケースだと思います。
汎用的に対応したい場合は、全部自前でやることになるとは思います。

ごましお

確かに、規制内で考えるのでイノベーションというか事業に柔軟性がなかなか出せませんねー。
noneFITって
 ・一般送配電の接続契約
 ・送配電or小売りorXとの売電契約
でOKということです?
縛りは電事法と売電契約次第ということで

コメントを残す