近くて標高が似てても、天気や発電量はずいぶん違うことがあるって実感した話

(カテゴリ: 未設定)

私の場合、管理の効率性を考え、発電所は半径ほぼ10km圏内に
集めているのですが、
2月9日の発電量が、1箇所激減した発電所がありました。

他の発電所は、前日比あまり変わらないのに、
当該発電所だけは前日比9割弱ダウン。。

監視システムを見てる限り、パワコン軒並みダウン
という感じでもなかったので、駆けつけせず様子見かなあと思いながら
翌日の発電量見てみたのですが、

見事、無時戻ってました。
どうやら、この地区だけ、曇っていたか雪だったと思われます。

発電量復活

上の地図を見て頂くとわかりますが、
発電量が落ちた発電所は山岳地帯です。

近くて標高が似てても、地形が違えば、
天候が違うって改めて実感しました。

影響を受けた発電所の一番近くの発電所のデータも
付けてみましたが、発電量は下がってません。
(どころか、今年ギネス)

標高は高いのですが、割と平坦なので、
気候はきっと違うのでしょうね
(ここも寒いですが)

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

One Comment

sun33

我が家は、100m以内に6基並んでいますが。
発電量は、微妙に違います。
同じ規格の設備が町内4Km以内に20箇所程(同一施工業社)がありますが、一様ではありません。
原因
・トランスのタップ電圧が微妙に違うのが主原因と思われます。
・この発電所の端と端でも天気が違います。100mなのに雲の影が通り過ぎたり、山の影になったりです。
最近は、監視カメラで現場の「桜」花見をしています。

コメントを残す