近隣へのプレ説明とその布石

(カテゴリ: 未設定)

これから動かす案件、北側隣接地に一軒家があります。

反射光などの実害は皆無です。
しかし、発電所完成後は、その家の二階の窓を開けると、
眼前に発電所が拡がることになります。

景観上の不満が出る可能性大なので、
正式な近隣説明に先駆け、個別に訪問することにしました。
(プレ説明)

スムーズに進めるための打ち手として、
いくつか布石を打っています。

〇不動産屋さんと相談の上、草刈や整地を地元の顔役の方に
 発注しておきました

〇戸別訪問は、地元の顔役と不動産屋さんにも
 同席頂くことにしました

〇事前説明資料を、地元の顔役の方と不動産屋さんに
 事前に見て頂きました

〇事前説明資料は、地元への貢献、環境への配慮を
 考えていることが、キチンと伝わるようにしました

 ※今回も、「発電所で近隣に雇用」を産み出します。
 ※敷地境界から、発電設備まで3m以上、空けて設置します。
 ※対象の家の敷地からは、さらに空けて設置します
  (現行予定では4m以上)

もう何度も記事ってますが、
各地方で太陽光が叩かれる一番の理由は、
殆んどの太陽光発電事業において、
地元への貢献度、配慮が足りないことだと思っています。

業者さんは設置までは主役かもですが、
20年、あるいはそれ以上の期間の主役は施主サイドです。

事業家さん、まともな投資家さんは、
スムーズに事業を進められるよう、運営出来るよう
考えて欲しい、行動して欲しいものです。

まともな事業家さん、まともな投資家さんなら、

〇近隣からのクレームが事業運営に支障をきたす事
〇近隣を味方につければ、事業運営上、大きなメリットがあること

この程度の事に気付ける想像力と、具現化する行動力は、
当然、お持ちだと思いますので。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す