絶縁抵抗エラー切り分けしてきました

(カテゴリ: 未設定)

以前記事ってましたが、
1台「絶縁抵抗エラー」で停まっているパワコンがあります。

このエラー対応はとても面倒です。というのは

「絶縁抵抗エラー」は
 〇本当に絶縁不良が起きている
 〇パワコンの絶縁抵抗不良探知機能に問題が起きている
の両方の可能性があるため、
どちらかを切り分ける必要があるからです。

意を決して、本日(9/28)絶縁抵抗計を持って、切り分けてきました。

その模様を簡単にお伝えしようと思います。

メーカーの見解では

条件1、直流回路(パネルの数珠繋ぎ回路)の全てが、
 500Vかけた際、1MΩ以上の絶縁抵抗値を持つこと

条件2、直流回路1ペアのみパワコンに接続し、
 「絶縁抵抗エラー」が 出るかどうかチェックし、
 全てのペアで「絶縁抵抗エラー」が出ること

この両条件を満たす場合のみ、
パワコンの絶縁抵抗不良検知機能に不具合がある

それ以外は、発電所側に問題がある。

となっています。。

順を追って説明します。

条件1、直流回路(パネルの数珠繋ぎ回路)の全てが、
 500Vかけた際、1MΩ以上の絶縁抵抗値を持つこと

エラー表示はこんな感じ
絶縁抵抗エラーメッセージ

実際の測定シーンはこんな感じ
絶縁抵抗測定シーン

実際の測定結果はこんな感じ
絶縁抵抗測定結果

1MΩあればOKなところ、
プラスは6回路共200MΩ超
マイナスは6回路共700MΩ超
ですので、

条件1からは回路には問題無し

という判定になります。

(+側より-側が遥かに大きい理由は、、よくわかりません 汗)

条件2、直流回路1ペアのみパワコンに接続し、
 「絶縁抵抗エラー」が 出るかどうかチェックし、
 全てのペアで「絶縁抵抗エラー」が出ること

1回路のみパワコンに接続した状態でパワコンを起動し、
絶縁抵抗エラーが無くなるか出るか、全回路見ていきます。

試験シーンはこんな感じ
絶縁抵抗不良パワコン側認識試験回路

結果、全回路とも「絶縁抵抗エラー」となりました。
ですので、

条件2からも回路には問題無し

という判定になります。

条件1、条件2とも回路には問題無し
であったため、今回の判定結果は、

「パワコンの絶縁抵抗不良検知機能に不具合がある」

という結論になりました。

メーカーと話をし、パワコン交換することになりましたが、
私としてはホッとしました。

というのは、回路側の絶件抵抗不具合対応は
借金大好きhamasakiさんが以前記事ってましたが、
激烈に大変なので。。

下は、借金大好きhamasakiさんの記事
発電所の漏電はなぜ起きる? 怪しいのは雨、ケーブル、パネル

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す