NON-FITの現時点の買取価格議論は、実はあんまり意味無い件

(カテゴリ: 未設定)

NON-FITの買取価格の議論をチラホラ見聞きしますが、

NON-FITに現時点の買取価格〇円は、あんまり意味無いと思います。
固定買取制度では無いので。
現に1年ごと見直しだったりして、保証無いですから。

「いくらだったら買ってくれる」は、固定買取制度の思考ですね。

NON-FITは、固定買取制度ではないので、
例えば、売り値の観点だと
「いくらだったら買ってくれる」
ではなく、
「どうやったら高く売れるかを考え、実行する(し続ける)」
ビジネスだと思います。

NON-FITって難しい。。
本当ですか?
まあ、商品を作れば、必ず決まった値段で売れる、
ヌルイFITよりは難しいとは思います(毒舌 (笑))

でも、このブログを見ているヒトの多くが、
会社員含め別事業もやっていると思いますが、

皆さんがFIT以外でやっているビジネスの殆どは
作れば必ず決まった値段で売れるようなヌルイビジネス
ではないでしょう?

商品、顧客、価格戦略、法的規制、競合との差別化etc
皆さん、いろいろな要素を考えながら、
日々ビジネスされていると思います。

そういう意味ではNON-FITは、ごく普通の難易度のビジネスです。
FITが簡単すぎるだけ。
そういう意味では、与信絡みのブログ散見されますが、
FITに突っ込んだヒト、賢いですね(笑)
というのが私の感覚です。

NON-FITに話を戻すと、
経営者ポジションに着いた時、
普通のビジネスを発展させていける方であれば
NON-FITビジネスは成功に導けると思います。

逆説的ですが、

NON-FITビジネスを成功に導けないヒトは、
普通のビジネスで経営者ポジションを任せられても、
事業を大きく出来ないヒト

というのが私の感覚です

NON-FITであろうが、他のビジネスであろうが、
着実に成功出来る力量を付け、伸ばしていきたいものです

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

6 Comments

yuki2822

sun33さん
コメありがとうございます
その規模ですと、もっと打ち手の選択肢増えるので、一般ビジネスで経営者の資質有れば成功確率高いと思います。

yuki2822

kozoさん
コメありがとうございます
供給過剰、、一般ビジネスにおける生産過剰状態
ですよね。
一般ビジネスと同じ打ち手になると思います。
計画生産、貯めとく、加工etc
考えれば考えるほど、一般ビジネスだと思っています。

sun33

沖縄で現地見学した2メガソーラ、5億をホケットマネーで建設した事例がありましたが。
現金運用と言う意味だと銀行預金よりも金利、投資よりも安定感は、あると思いました。
現金がある人の話しです。

kozo

頭がFITになっていることに気づかされました。
確かに、NONFITのほうが一般的なビジネスに近いですね。電気の需要が無くなる訳ではないですしね。ただ、供給過剰で「売れない」こともあるかも・・・。なんていう、ぼんやりした不安が頭をよぎります。それをFITがカバーしているということなのでしょうね。

yuki2822

メンテ技師さん
コメありがとうございます
単価はちょこちょこ出てるのと、
最近借金大好きhamasakiさんが
代表的な会社について、記事ってましたけど、
表に出ている金額は卒FITよりちょっと下な感じですね。
これをどう見るかはヒトそれぞれですね。
ただ、
「固定金額で買い取るという行動は
買い取り側が供給側に歩み寄った状態
である」
ことが判断や今後の対応のポイントだと思います。

メンテ技士

yuki2822様
確かに。
おいくら?って聞かれてとっさに出てこないです。
それは私がボケているだけかもしれませんが。
逆にFIT単価は直ぐに出てきますが。

コメントを残す