資源エネルギー庁は、太陽光発電を、まだ許認可ビジネスとして制御出来ると考えてるんだ、、

(カテゴリ: 未設定)

資源エネルギー庁が出した
「2030年における再⽣可能エネルギーについて」
を見て思ったこと。

幾人かの方が記事られてますが、
私が思ったのは、全然違う観点でした。
(なにぶん、あまのじゃくなので)

⇒あ、まだ、許認可ビジネスとして制御出来ると考えてるんだ、、

yotei

エンドユーザーの電気代が下がらない前提
ですが、

脱炭素コストも考えると、
単価系許認可に頼らずとも、
充分、利益創出出来る事業が可能なので、

○これからの単価系許認可は、保険に過ぎない

○変に許認可前提で事業すると、
後出しじゃんけん法規制に縛られてしまって
かえってマイナス

だと思っているのですが、
いかがでしょうか。

もちろん、制度上は、途中で「許認可発電抜け」
はできますが、

その時、許認可ありきで融資受けていれば、
金融機関から承諾を得られるのか、
は危うい気がします。。

公的な物に頼ることがあるとすれば、

単価系許認可より、
むしろバッテリー絡みの補助金

と言うのが、私の考えです。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す