SMAパワコン通信設定、現地でないと出来ないこと、現地でなくても出来ること

(カテゴリ: 未設定)

Web Connectとパワコン本体との対応付けさえ
現地の同一LAN内で出来ていれば、

その後エラーが出ても、外部ネットワークからの
リモート設定で再設定可能

SMAパワコンの通信設定
パワコンを故障等で入れ替えた時、
入れ替え登録が必要です。

流れとしては

Sunny Portalにログインせず、
セットアップアシスタント
  ↓
次へ
  ↓
Sunny Portalに既に登録しています。
idとパスワード
次へ
  ↓
デバイスの追加または交換
次へ
  ↓
発電所の一覧から該当発電所を特定
入れ替えマーク
PICとRID
検出

以降、入替パワコン選択等
いくつか操作がありますが、

上の検出で、新パワコンを検出するところまで、
現地同一LANで行きつければ、
エラーで処理が未完了でも、
自宅等遠隔操作で、再設定処理をすれば
入れ替え登録できる「はずです」。

はずです の理由
⇒上の話は、メーカーサポートデスクの担当の方の話で、

 私は、そのさらに後の、新パワコンと入れ替えるパワコンの特定処理
 まで行きついた後、エラーでこけた後、遠隔処理できたので、 
 上の話の検証は厳密には出来ていないため

私は今まで、全て現地の同一LANでないと設定出来ないと
思っていました。

今回、現地でなくても設定できることがある
ことがわかりましたので、

万が一、現地で設定したんだけど、入れ替えたパワコンの実績が見えない
などありましたら、遠隔での再設定にトライしてみる

という選択肢は有りだと思います。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す