真のコスト算出無しに、原子力を脱炭素電源に滑り込ませるべきではないと思います

(カテゴリ: 未設定)

「温室効果ガス46%削減」公約

実現のためには、再エネを推進させる必要があるはずですが、
後出しじゃんけんを始めとして、
むしろ抑制に入っています。

これは、

再エネだけでは無理⇒原発推進の機運の助成

を狙っている、もしくは

原発推進派への忖度
と考えているのですが、いかがでしょうか。

私は原発賛成でも反対でも無いですが、

再エネを不安定電源と揶揄し、
それを理由に、原発推進する意見には、断固反対です。

〇一定半径(福島の時は、米軍は半径80kmから
 退去するように指示したらしいですが)の全立ち退き&補償コスト
 プラスGDP押し下げ効果といった、
 潜在リスクを定量化した、真の原発コスト

〇蓄電池等で、不安定な再エネ電源を安定化するのに
 必要なコストを加算した、
 安定電源としての再エネコスト

原発の本当のコスト、再エネの不安定さ
どちらからも目を背けず、
両者をキチンと数値化する時期が
来ているのではないでしょうか。

加えて、別の観点ですが、
原発については、技術維持という観点が必要なら、
沖ノ鳥島のような、人口密集地から離れた場所で、
事故リスクの低い、最新技術を導入した新原発を
研究、稼働すべきであり、

見切り発車で、場当たり的に、
事故が起きた時の被害が大きい場所で、
事故リスクの高い、設計寿命を超えた古い原発の再稼働はありえない
というのが私の意見です。

算出の結果、

〇原発をあまり増やせなくても、
 再エネの具体的な安定電源化施策である、
 蓄電池の設置+その保安
 結構な経済対策も兼ねると思っています。

 これを国費ではなく、民活で推進出来ると
 政策立案者としては、最高ですね。

 後出しじゃんけん施策ではなく、
 優秀な官僚諸氏には、こちらで手腕を見せて欲しいものです。

〇原発を推進する場合は、
 事故発生時のコストの低いところで、
 事故リスクの低い、最新技術を導入した
 新原発を研究、稼働を推奨すべきだと思います。

 ※人口密集地からさほど離れていない場所の、
  設計寿命を超えた古い原発の再稼働を声高に主張する面々は、
  福島から何も学ばないんでしょうね。。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

yuki2822

ごましおさん
コメありがとうございます。
福井の老朽化発電所再稼働ですか、、

もっとも動かしてはいけない発電所の1つだと思います。。
京都市全買取ってどんだけの補償なんですかね。。

百万歩譲って、原発助成金が欲しいとか、
政治生命を絶たれるという裏口からの
アプローチがあったとしても
事故率が高い老朽化発電所を、
事故率が低い最新発電所にリプレースを
主張すべきだと思うのですが、、

ごましお

「無害化できる研究は進めて、結果出るまで動かすな」派かつ「反対する労力を惜しんでソーラー作る労力に回す」派ではあります。

なるほど、再エネ進まず原発再稼働しまくりで再エネ抑制の将来像ですか…
そういうシナリオもあるというか、むしろそうなりそうな勢いですね。
早速福井は再稼働準備始めました。
何かあるとしたら戦争ではなく事故など補償のある形でお願いします。と祈るのみですね。

コメントを残す