SMAパワコン監視システム「サニーポータル」のサーバー側仕様が変わったようです

(カテゴリ: 未設定)

パワコン本体の監視ハードを、そのまま使う場合、
交換パワコンを起動させ、しばらく時間を置かないと
監視システムにおける、パワコン入替設定が不可になりました。。

先日記事ったように、昨日パワコン交換してきました。

交換作業は、蚊に悩ませられながらも、ノントラブルで終わりましたが、

パワコン交換後のSMAパワコン監視装置「サニーポータル」で、
パワコン交換に伴う、監視対象パワコンの入替設定が出来ません。。

監視対象パワコンの入替設定では、設定手順の中で、
パワコン本体に付けている監視用ハード「ウェブコネクト」

に付いている番号「PIC」と「RID」なる番号を入力後、
「検出」というボタンを押下するのですが、
ここでエラーが出てしまいました。

サニーポータルサーバー側仕様変更の影響

メーカーに問い合わせたところ、

監視システム「サニーポータル」のサーバー側の仕様が変わり、
ある程度発電実績が貯まらないと、設定作業が出来なくなった

とのことでした。。

前回(といっても6月ですが、、)の交換作業でも、
上で「検出」ボタンを押した後、パワコンは認識されたのですが、

最後のサーバー側への設定処理が上手くいかなかったので、
既にサーバー側仕様変更の影響が出ていたのかもしれません。。

ちなみに、今回は、入替30分後位に、再度設定処理をしたところ、
問題無く設定出来ました。

サニーポータルを使っているヒトは、頭に入れておいて頂ければ
という情報です。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す