FIT発電所の売電先を新電力に代えたら、検針票が無くなってしまった件

(カテゴリ: 未設定)

東電エナジーパートナーが販売先だったFIT発電所、
Non-fit発電所の絡みで、売電先を
東電エネジーパートナーから、新電力に1箇所代えてみたところ、、、
検針票が無くなってしまいました。。

これまでの私の売電額管理の流れは

①検針票を
「TEPCOEP検針」というサイトで見る。
(ttps://www.kenshin.tepco.co.jp)
 ⇒対象期間、発電量、売電額を把握

②通帳の記帳額と①を照合し、入金チェック

だったのですが、①が対象の発電所は更新されなくなり、
売電額の事前把握が出来なくなったのです。。

ですが、よくよく考えると、それは当たり前でした。
というのは、

「TEPCOEP検針」の運営者は、
東電エナジーパートナーだからです。

新電力に訊けば検針データがわかるのかと思い、
新電力に訊いてみました。

⇒東電エナジーパートナーとの契約は「特定契約」
  特定契約の電気:発電所→東電エナジーパートナー
  特定契約の代金:東電エネジーパートナー→当社

 今回の契約は「特定卸契約」
  特定卸契約の電気:発電所→東電パワーグリッド→新電力
  特定卸契約の代金:東電パワーグリッド→当社(月次、FIT価格)
            新電力→東電パワーグリッド(週次、市場価格)

確かに、これでは新電力による検針データ作成は不可能です。。

東電パワーグリッドに訊いてみました

⇒検針しているのが当社(東電パワーグリッド)であっても、
 それは発電事業者(当社)に対して、回答すべき内容ではない
 あくまで契約相手である新電力に対して訊くべきこと。

 新電力が東電パワーグリッドに対して訊くよう案内しているとすれば、
 それは新電力の担当の方が勘違いしている。

検針していても、そのデータを出さないという、酷い回答でした。
上記の東電パワーグリッドの回答は、
この回答者の勘違いであることが、後ほどわかりましたが、

現時点では、検針データの入手方法は宙に浮いたままです。。

明日から東電、冬休みらしく、
検討は来年に持ち越しですが、

来年早々に入金されるので、
明細がわからないままの入金は確定しました。

私としては、東電パワーグリッドが運営している
低単価FIT発電所の検針データ把握ツール
購入実績お知らせサービス
ttps://www30.tepco.co.jp/LU02/dfw/oshirase/LUG3WWW/index.htm
に移管してくれるように交渉しようと思っていますが、
どうなることやら、、

まだまだ電力自由化に制度やシステムは
対応しきれていない印象です。

参考になれば幸いです

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す