最後に救われた?絶縁抵抗試験

(カテゴリ: 未設定)

先日記事った、朝だけ絶縁抵抗エラーの、原因切り分け調査に
9月25日に行ってきました。

日別のパワコン毎の出力波形は以下の通り。

日別起動状況

9/22はエラーが出ませんでしたが、残りの日はことごとく朝起動せず。
なので、朝行けばエラーを出して停まってて、
エラーが出ている状態の試験値が取れるだろう

という目論見で、朝6時に現地入り。
ところが、、

その日に限って、正常稼働してました。。

「現場あるあるだなあ」って思いながらも、

動いている状態の絶縁抵抗試験でも、

・回路側に問題があるなら、絶縁抵抗値が低い回路が見つかり、
 原因のあたり位付くだろう

・いやいや、伸び縮みで接触不良を起こす系だと、ON-OFF系障害で
 原因のあたりは付かないかな。。

色々思いは湧いてきましたが、せっかく現地入りしたので、
絶縁抵抗試験はすることにしました。

絶縁抵抗試験風景 絶縁抵抗試験結果表示例

各ストリングの極とアース間抵抗値、
 メーカー推奨値:1MΩ以上
 エラー検知仕様:200kΩ以上

に対し、試験結果は、

全ストリングの正、負極 と アース間は
全て100MΩ超でした。

・ストリング側であたり付かなかったな。。

・でも、絶縁抵抗エラー出てない状態での試験だったから、
 回路側に、接触不良などのON-OFF系障害があるのでは?
 ってメーカーさんに言われるとキツイな

など思いながら、試験を終えた後、
パワコンを起動してみたところ、

⇒「絶縁抵抗エラー」が出ました。

やった!と言うのは不謹慎ですが、

回路側に絶縁抵抗エラーが無い状態で、
パワコンを起動して、絶縁抵抗エラーが出るのは、
パワコン側の絶縁抵抗検知機能に不具合がある

という推定になると思います。
結局、絶縁抵抗試験当日の出力波形はこんな感じになりました。

絶縁抵抗試験日の出力波形

週末にメーカーさんに交換機器送付依頼をかけましたので、
月曜日に話し合いになると思います。

それにしても、今回の機器、連係日からのものではなく、
不具合で交換した機器です。

メーカー延長保証10年付けていますが、
それ以降どう運用するか、いろいろ考えてしまいました。

今のところ

案1、同一パワコンを使っている発電所のいくつかの
   パワコンを全とっかえし(土地所有発電所)

   パワコンを変えずに運用する発電所のパワコン交換用に回す
   (土地賃貸発電所)

案2、有償で交換機器をメーカーから買い続ける

いずれかになりそうです。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す