パネル輸入は不平等契約?

(カテゴリ: 未設定)

パネル発注に際して、パネルメーカーから契約書案が出てきて、
内容をチェックしてて気づいたこと

英語力が、英検4級を誇る?私としては、
翻訳アプリにコピー&ペーストが超絶重労働だったことは
ひとまず置いておいて、、

英語と中国語が併記されてて、
「内容不整合時は、英語優先」
の記載は良心的だなあって思った一方、

遅延に対するペナルティーについては、
支払遅延に対しては、0.2%/日の延滞利息ペナルティが課されている一方、
モノの到着遅延に対しては、何ら記載がありませんでした。

疑問1、
 そもそも支払遅延に対するペナルティ―って
 パネルメーカー口座の着金日基準のようだけど、

 送金にかかる日数って、途中の銀行担当者に依存するのに、
 発注主が丸被りってどうなの。。

 ⇒ペナルティ発生までの日数が振込当日を入れて3日しかなかったので、
  だいぶ伸ばして提案してみました。

  こちらは、ある程度交渉になると思っています。

  実際3日では間に合わないケースも多々あると思います。
  途中手作業工程が、輸入元の国の銀行にあるらしいので。

疑問2、
 支払遅延にペナルティがあるのに、
 モノの到着遅延にノーペナルティは不平等契約では。

⇒不平等契約だから、
 ・支払遅延ペナルティがあるなら、到着遅延ペナルティも設定すべき
 ・支払遅延ペナルティと同じ、0.2%/日とする

 と提案してみました。

 こちらは、提案してみたものの、採用されたとして、
 どうやって遅延に気づき、
 どうやって遅延日数を算出し、 
 どうやって受け取るんだろう。。
 (上海港受け渡し、双方送金から着金までタイムラグ有 汗)

 いずれにしても、
 支払遅延ペナルティも到着遅延ペナルティも、発生せず
 スムーズに取引を終えたいものですね。

 この提案が、遅延抑止に貢献してくれたら良いなあって思っています。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す