ガス代電気代が高くなると原発推進派が元気になってきますが、、

(カテゴリ: 未設定)

原発を稼働できるかどうかは
「安さや安定性じゃなくて、安全性が担保出来るか」
次第なんだけど、
原発推進派は、ここを悉くスルーする件。

ガス代電気代が高くなると、原発推進派が声高に主張し始めます。

〇不安定な再エネはベース電源になりえない
〇原子力発電所を動かさない限り、ガス代電気代は上がり続ける

ぼんやり聞いていると、一見、正しそうに聞こえたりしますが、
この主張、本質から論点ズレてます。
というより、恐らくワザとずらしてる。。

原発が推進出来てない理由は
「安全性に、極めて深刻な懸念があるから」
※安いとか、安定しているとかは、関係ない。

原発は、安定しているのは事実ですし、
安全確保のコストを無視すれば、安価だとも思います。

なので本質的な問題は、

〇安全性をキチンと確保できるか
〇安全性をキチンと確保しても、なお、安価なのか

だと思っているのは、私だけでしょうか。

利益誘導や口先だけの評論家では無く、
正しく原発推進を主張するのであれば、

近々高騰しているガス代対策としての、
脊髄反射的な原発稼働主張ではなく、

〇事故らない
(≒地震が来ても、ミサイルが命中しても、テロにあっても、
 多少運用ミスっても、放射能が外部に漏れない)

あるいは

〇事故っても、被害を出さない

対策と、それにかかる費用感を提示の上、
原発稼働を主張して欲しいものです。

私見ですが、原発を動かすとすれば

〇安全性をガッチガチに高める
  ←事故らない
〇人口密集地から超絶に遠くとか、強烈に深くに設置する
  ←事故っても、被害を出さない

しか方向性は無く、

既存の原発を、ハード面も運用面も見直さず、
そのまま動かす主張は、

 ・ただの利益誘導
 ・安全性を蔑ろにし過ぎ
 ・事例や経験から何も学べない残念なヒト

というのが私の考えです。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

2 Comments

yuki2822

kozoさん
コメありがとうございます。
私も含め、ヒトの思考は、何か問題が起きれば
全体俯瞰せず、本質や優先順位とか考えず、脊髄反射的に考えがちで、
それを活用しようと目論む、原発推進派の詭弁投稿が
目立ちましたので、
本質論に戻すべく、そもそも論+αを書いてみました。
前も記事りましたが、
再エネ系は安定化コスト
原発系は安全担保コスト
を加味して感がるべきだと思っています。
個人的には、再エネの不安定さを
日本の最先端技術を活かした、
超高燃費火力発電所推しだったりします。
再エネ業者が共同で、あるいは大口需要家が、
調整電源として運用すべきと考えていますが(汗)

kozo

yukiさん
私、現実派なので将来的には原発0を目指すにしても、今は併用するのは現実的なのかな。と思っています。しかし、安全はしっかり担保してもらわないといけないですし、あとは正しいコスト算出をしてもらいたいですよね。再エネ賦課金のせいで再生可能エネルギーが高いイメージを誘導されてしまっていますが、トータルコストをガチャガチャポン!とすれば原発はコスト高だと思いますので・・・。

コメントを残す