「遮光率〇割は死守」の解釈

(カテゴリ: 未設定)

架台設計のやりとりの話

私の場合、新規採用架台の場合、
架台の制約やクセを把握しきれていないので、
たたき台としてのパネルレイアウトのラフを作る
  ↓
架台の制約やクセを加味して設計してもらう
  ↓
ラフと上がってきた設計の違いについて、やりとりしながら、
架台の制約やクセを把握して再設計する

という流れで進めることが多いのですが、

今回、パネルレイアウトのラフに、
コメント
「遮光率〇割は死守しつつ、多少パネル増減はOKです」
を付けたところ

「〇割をちょっと超えた遮光率希望」
と解釈されそうになりました。

表現が良くなかったと反省。
「〇割より大きいとダメですが、出来るだけ〇割に近づけて欲しい」
が正しいコメントなのでしょうね。

この手のこと、間にヒトが入ることもありますので、

「伝言ゲームになっても、解釈のブレを発生させない
わかりやすく、かつ、誤解無い表現が大事」

と改めて思いました。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す