リーフe+に試乗する

(カテゴリ: 太陽光発電システム関連記録, 雑記録)

タグ:

日産電動車の最新モデル、リーフe+に試乗する機会がありましたので、簡単に紹介します。

インプレなど

試乗したグレードは上から2番めのe+X、62kWhバッテリー搭載車です。車体にグレードを示すエンブレムなどは、取り付けられていません。
個人的には、欧州車のような精悍なデザインが気にいっています。旧型リーフに比べればデザインが洗練され、電動車感は無くなりました。

IMG_1634b

こちらは、インパネ表示、バッテリー残量59%で航続距離174km。
わたしのガソリン車は、メーター半分で、200kmから250kmくらいなので、表示だけ見ればもうちょっと走っても良いかな、という感じ。実際には、もう少し伸びるのではないかと思います。
40kWh車で、実走行で300km程度との話でしたので、62kWhで400km弱くらいなのかな・・。

IMG_1620a

前室全景。
旧型リーフと同様幅広な印象がしました。
ハンドルの円では無く下側が平らになっています。操作時若干違和感あり。わたしの車はミニバンでセンターコンソールが無くウォークスルーになっているので、センターコンソールのある車に乗るとちょっと窮屈に感じます。

IMG_1645a

こちらは、エンジンルーム?ガソリン車に比べると機器が少なくスッキリした印象です。中央がモーターユニットでしょうか?

IMG_1631a 太陽光発電ムラ市場

走りの印象など

神奈川県西部の秦野市街〜小田原厚木道路〜平塚市内を走りました。
アップダウンの多い盆地、バイパス道路、市街地を走りましたが、パワー不足を感じることも無く、電動車特有の加速の良さを感じました。バイパス道路で80km程度で走っても、スピード感は、あまり無くモーター音も非常に静かで安定していました。

本車には、アクセル操作のみで運転ができるという、「e-Pedal」が搭載されています。コンソールのスイッチでON・OFFできます。インパネ表示中央のドライブモードの下に現在のモードが表示されます。

オンにすると回生ブレーキの効きが強くなりアクセルを緩めるだけで停車できますが、コントロールには慣れが必要ですね。慣れれば、足をブレーキに踏み変えることなく運転できるので、アップダウンの多い場所では楽になるのではないでしょうか。

発進時の加速は、ecoモードをオンにするとマイルドになってガソリン車のオートマに近いフィーリングになります。乗り換えた時は、ecoモードをオンにして乗れば、違和感も無く電費も多少良くなるのかなと思います。

良くできたクルマで電動車としての完成度は高いと思います。
あとは価格ですか・・欲しいと思うけどもう少し安くならないかな・・あとは最近夏場の気温が高いのでバッテリーの温度上昇が心配ですね。

中国の電動車は冷却装置を搭載した車もあるので、今後はそういった機能も搭載されるかもしれませんね。でもまた値段上がるなあ(泣)

以前のリーフ関連の記事はこちら(電気自動車は普及していくのだろうか?)(新型リーフを見てきました)(旧型リーフは、お買い得なのか)

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>