業者さんに返事をもらうための1枚目のカード

(カテゴリ: 未設定)

現在進めている案件のうち、権利業者と施工業者が違う案件の話。

いつもは権利業者=自社なので、コミュニケーションの勝手が、
ちょっと違うなあって感じています。

連絡や指示を、情報共有の意味で、両社に送っているのですが、
傾向的に、両社をtoで入れると、ほぼ確実に返事来ません。。

牽制し合っているのか、お互い「相手がやってくれるだろう」って
思っているのか。。

私からのメールは
複数項目含む場合、各項目に対して、役割が不明確にならないよう
各項目に「担当〇〇さん」という表記まで
入れているのですが。

キチンと返事がもらえるよう、
まずは無難なカード「テクニカルな工夫、仕組化」を切ろうと思います。

ステップ1、更なる返事責任の明確化

   複数項目含む場合、メールを2通に分けて、
   1通目:to:権利業者 cc:施工業者
   2通目:to:施工業者 cc:権利業者
   にする。

ステップ2、強制的に返信する流れの構築

  要件の有無関係無しに、毎日両社に日報を上げることの義務化

まずはステップ1から開始です。
ステップ1でダメなら、ステップ2。

それでも改善されない場合、次のカードを切ることになりますね。

その内容は、、このブログを業者さん見てるかもなので、
書けません(笑)

2枚目のカードを切らなくて良いことを願っています。

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す