パワコン交換時の実践的注意点

(カテゴリ: 未設定)

ブレーカーを落とした上で行う、とか、
プラスとマイナスを手で同時に接触しないように、
ごく当たり前のことは言わずもがな、なので省略(^^;

〇作業前に配線部の写真を撮る
 どんなに慣れていても、トラブル時に振返ることが出来る、
 拠り所は必須です。

smaパワコン配線

〇直流の短絡
 プラス線とマイナス線の銅線部が接触しないように、絶縁テープで
巻くのは当然の事ですが、
 パワコンから線を抜くときに、絶縁テープの端がパワコンに引っ掛かり、
 絶遠テープが取れることがあります。

 ・絶遠テープは引っ掛かる端が出ないように巻く
 ・パワコン本体から直流線を抜くときは、直流ケーブルの銅線部を
見ながら抜く

 のがポイントです

 短絡時の青い炎と、バチバチ音はイヤなものです(>_<)

〇小ねじ、ナットの落下対策
 機種に拠りますが、小ねじ、ナットで端子を止めるタイプの場合、
 必ず1回は落とします(私は、、ですが )

 砂地や草にすぐ紛れ込んでしまうので、事前にブルーシートなどを
敷いて、落としてもすぐ見つけられるようにしましょう。

 ブルーシートは風ですぐあおられますので、石などで押さえて
使ってください。

※作業には電気工事士資格が必要です

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す