補助金申請などで使える(と思う)低圧太陽光発電所の実際の消費電力の考え方

(カテゴリ: 未設定)

二酸化炭素削減のニュースを見て、思い出した

低圧太陽光発電所の二酸化炭素排出量削減量の計算式
を備忘録的に上げておきます。
(私も忘れそうなので)

補助金申請時などに使えるかもしれません。

〇低圧太陽光発電所の消費電力量:

・ 発電している時に使用するエネルギー
  :系統運転中のパワコンの消費電力量
・ 発電していない時に使用するエネルギー
  :夜間停止中のパワコンの消費電力量

両者の和

〇系統運転中の消費電力量:発電量×(1-変換効率)
  発電量:モニタリング装置から取得(350kWhとか)
  変換効率:パワコンのカタログ値(95%とか)

〇夜間停止中の消費電力量:待機電力×発電していない時間
  待機電力:パワコンのカタログ値(10Wとか)×パワコン台数
  発電していない時間:モニタリング装置から取得
            (24時間ー発電している時間)

〇kWhのCO2換算
  売電先毎に定められた値を採用
  (東京電力パワーグリッドなら、調整後排出係数は0.000462(t-CO2)/kWh)

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す