葉欠きを施す

5月に入り、ソーラーシェアリング国府圃場の地植え・育成鉢イチジク達は、日に日に大きくなっています。

葉が生い茂ると風通しが悪くなり、病気の原因ともなるので、適宜間引いて風通しを確保します。


こちらは、育成鉢のイチジク『ゼブラスイート』。育成鉢のイチジクの中で最も成長が早いです。一度、芽欠きを行い整えてありますが、もう少しスッキリさせます。

暫く天候が芳しくない予報、雨が続くと用土が加湿気味になってしまうので、風通しを良くして用土に風が当たる様にします。

IMG_3078a

こちらは、間引き後の様子。
下側の葉や重なる葉を間引いてみました。これから夏にかけてどんどん成長するので、適宜間引きを行っていきます。もう少し成長したら、樹形を整える為の誘引や仕立ての検討を行って見たいと思います。

同様に他の育成鉢、地植えの『アーチペル』も間引きを施しました。

IMG_3083a
2022年版!売却シミュレーション!太陽光発電所売却で利益を最大化する方法 太陽光発電ムラ市場



太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>