89.5kw、49.5kw、単相 VS 85.5kw、49.9kw、三相

(カテゴリ: 未設定)

地元の方による定期巡回結果が上がってきました。

似たようなスペックの発電所が隣接している箇所です。
 発電所A、89.5kw、49.5kw、単相
 発電所B、85.5kw、49.9kw、三相

方位角、傾斜角、パネルの種類は同じです。
1枚あたりパネル容量は違いますが。
 
近いので、一緒に見てもらっています。

あまりじっくりメーター見てなかったのですが、
メーターに、三相、単相、どちらかわかるように
はっきり記載あるんですね。
(「単3」とか「三相」とか)

明野上手点検結果

発電量ですが、パネル容量が大きく、パワコン容量が小さい
発電所Aの勝ちでした。

 発電所A、89.5kw、49.5kw、単相:7843kwh
 発電所B、85.5kw、49.9kw、三相:7553kwh

とは言っても、
単純にパネル容量に比例はせず、やはりパワコン容量が大きいことで、
ピークカットしにくいことは、冬の時期でも反映していますね。

7843kwh÷7553kwh=1.038…
89.5kw÷85.5kwh =1.046…

参考になれば幸いです。

にほんブログ村 
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

太陽光発電ムラ市場 太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す