償還表をスキャンしてExcelデータ化

(カテゴリ: 個人事業, 太陽光発電システム関連記録)

タグ:

借入金の償還表は、金融機関から紙の帳票として送られてくると思います。
政策金融公庫の場合、クラウド会計ソフトの連携機能で口座から取り込んだデータは、利息も含んだ、単一の仕訳となってしまうので、これを「元金返済」と「利息支払」に分け、複合仕訳として登録する必要があります。

仕訳の度に紙の償還表を出して、それを見ながら入力するのも面倒なので、電子データにしてパソコンに保存することを考えてみました。
帳票をスキャンし、OCRソフトで、Excelで読める形式にしてみます。

使用したスキャナーは、愛用のScanSnap S1500。食品包装ラップほどの大きさ。コンパクトのわりには、高機能で気に入っています。

IMG_2351a

OCRの認識率を高めるため、高解像度で取り込む設定にします。

sc-scan-s1

スキャナに帳票を差し込み、読み取り開始。

sc-scan-s2

読み取りが終わったら、連携するアプリを選択。今回は、読み取りデータをExcel形式に変換するアプリ(赤丸のアプリ)を選択。

sc-scan-s3

変換は、A4サイズの償還表 2ページ で20秒ほど。意外と高速です。

sc-scan-s4

変換が終わると自動的にExcelが起動し、変換したデータが表示されます。

sc-scan-s6

公庫の償還表は、薄緑色のフォーマット用紙に個々の償還表を黒文字で印刷したもの。薄緑色部分はいまいちでしたが、肝心の償還表は黒文字なので、ほぼ完璧に取り込まれていました。
Excel形式なので、データのコピー&ペーストも簡単にできます。
多くの会計ソフトは、仕訳データをCSV形式で取り込むことができます。
次のステップでは、取り込んだデータを加工して、借入金の仕訳データとして使うことを考えてみたいと思います。

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>