おうちでソーラーシェアリング(申請編)その1

業者さんと仕様の確認、修正の打ち合わせを行い、変更後の図面も上がってきました。主な変更点は、手前のアレイのレイアウト、スクリュー貫入深さ。オプティマイザーの採用です。

オプティマイザーは国府発電所のCCA&TAPが流用でき、TS4-A-Oモジュールのみの追加で、モニタリングが可能なことが分かったため、追加採用しました。

農業クラウドシステムも採用しますが、こちらは別業者さんに見積依頼中。

sc-ss-kai

数ヶ月かかりましたが、めでたく仕様が固まりました。
次のステップは申請関係です。まずは、月末締め切りの東電との接続契約。
一週間ほどで手続き終了。工事費用負担金はゼロでした。

sc-setuzoku

接続契約の次は認定申請。
業者さんによると現在は認定完了までひと月ほどかかるとのこと。

あとは金策。住宅向け太陽光融資は使えないので、公庫の追加融資を検討。事業計画書の作成に取り掛かります。スピード感を持って取り組み年内事業化を目指します。

以前の記事はこちらです。
(おうちでソーラーシェアリング(見積編)その4)

sc-ss-sinsei
太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>