最近の防草シート選定は。

(カテゴリ: 事業, 太陽光発電, 雑草対策)

毎度毎度で恐縮ではありますが、太陽光発電は雑草との戦いであります。
そこで一番の武器となるのは「防草シート」。
 
初期の費用と手間はかかりますが、これは後ほど「元が取れる」と言い切れるほど、発電所の管理が楽になります。
ここで重要となるのは、防草シートの選び方。
 
前回のブログ『除草剤、冬の陣。』の通り、一番お高いのは人間の手間でありまして、これを減らすためには「長持ちするシート」が不可欠。
当方、ブログ『「流派」が分かれる、デリケートな問題。』などでで書きましたとおり、基本的にはこれまで「ザバーン240G」を用いております。
ブランド力と実績は他の追随を許しません。
 
とは言え、少々お値段がお高いのも事実。
日照時間が短くなるにつれ、空気も懐も寒くなってくる今の季節には、些か敷居が高いといわざるを得ません。
 
そこで最近併用しているのが、こちらの「NITTO SEKKO GreenArts430Z」。
710kUvPiO2L._AC_SL1500_
ここ最近、「闇鍋」感の強いAmazonでも安心の日本ブランド。
公称で「10年耐候性試験済」で、謳い文句は一流の「13年以上の使用実績」。
 
気になる厚みは
 
・ザバーン240G:0.64mm
GreenArts430Z:0.43mm


と、少し薄めではありますが、気になるお値段はほぼ同等でにもかかわらず、長さは
 
・ザバーン240G:30m
GreenArts430Z:50m

 
であり、お値段は約6割と大変お値打ち価格であります。
 
当方、メインは「ザバーン240G」を使いつつも、コストを抑えたい部分については「GreenArts430Z」と、適材適所で使い分けコストダウンを図っていきます。
 

太陽光発電ランキング
ブログ更新の励みになります。
よろしければ、是非クリックください。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

太陽光発電ムラ市場メルマガ登録

太陽光発電ムラ市場セカンダリ無料査定



太陽光発電ムラ市場

コメントを残す