国府発電所にオプティマイザーを導入 その6

国府発電所にタイゴエナジーのオプティマイザーを導入して1ヶ月近く経過しました。当初は、オプティマイザーのみを導入する計画でしたが、モニタリングを付加した構成に変更しました。

オプティマイザーのみでも機能はしますが、やはりモニタリングシステムを付加してこそ、真価を発揮できるものと言えるでしょう。

こちらは、本日(8/30)のシステムビュー画面。増設ユニット上のB8モジュール(赤矢印)の発電量が極端に少ないのがわかります。

sc-tigo2

こちらは、前日(8/29)のショット。こちらもB8モジュールは少なめ。
sc-tigo4

前々日(8/28)のショット。B8モジュールは少なめですが、他のモジュールと比べ、大きくは減ってはいません。

sc-tigo5

こちらは、B8モジュール単体のグラフ。AM8:00以降データが欠損しています。

sc-tigo

B8モジュール右隣に位置するA8モジュールのグラフ。夕方までデータ表示があります。

sc-tigo1

鬼越発電所にてデータの取得ができず、グラフが表示されない現象がありました。数日待つとデータが再取得され、正常にグラフが表示された経験があるので、同じ現象かもしれません。

明日様子を見て、現象が続くようなら、原因の究明のため、施工業者のNシステムさんに連絡して点検をしてもらわねばなりません。

モジュール一枚一枚を詳細にチェックできることは、トラブル発生時の現象の絞り込みに非常に役に立つと思います。予算をオーバーしましたが、モニタリング機能を付加して正解でした。
経過を観察し対処して行きたいと思います。

前回の記事を参照したい方は、こちら。

(国府発電所にオプティマイザーを導入 その5)

太陽光発電ムラ市場
太陽光発電ムラ市場

太陽光発電ムラ市場

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>