昨年に続き「令和4年の大雪」も太陽光に爪痕、ニュース記事。

(カテゴリ: 事業, 太陽光発電, 現場)

令和3年から4年にかけて非常に積雪が多く、当方も例に漏れず深刻な、と書くと些か大げさではありますが、雪害に見舞われ、未だ復旧に向けて対応中であります。
 
昨年、令和2年から3年にかけても、広範囲で雪害が問題になったのは記憶に新しいところかと思います。
 
1年前の豪雪については、ブログ『「令和3年豪雪」が太陽光発電所に残した”爪痕”、ニュース記事。』で紹介させていただきましたが、今年の積雪を「令和4年の大雪」として、ニュース記事に纏めたものがこちらに掲載されています。
日経BP記事『昨年に続き「令和4年の大雪」も太陽光に爪痕、滋賀や群馬で倒壊』。

bpr4
詳しくはリンク先記事をご覧いただくといたしましても、記事を見ると、倒壊した架台の写真が目を引きますよね。
 
記事には「発生したダメージ」が詳述されていますので、実に参考になる内容となっています。
 
過去の事例に学び、できる対策は講じた上で、やはり積雪地域では保険への加入は必須といえそうです。

太陽光発電ランキング
ブログ更新の励みになります。
よろしければ、是非クリックください。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年版!売却シミュレーション!太陽光発電所売却で利益を最大化する方法 太陽光発電ムラ市場



太陽光発電ムラ市場

コメントを残す